介護福祉士とは?

介護福祉士とは?

介護福祉士とは、社会福祉士及び介護福祉士法に基づき、「介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、
身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護等を行い、
並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者」
です。
介護福祉士の名称を使用するには、
国家試験合格後に厚生労働大臣が指定する指定登録機関に登録する必要があります。
つまり「名称独占」の国家資格であり、プロフェッショナルの証です。

九州福祉学院では、主に介護福祉士国家試験取得を目指す方、介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ)取得を目指す方にとって最適なカリキュラムをご提供しております。

介護福祉士を目指す方はこちら

ケアマネジャーを目指す方はこちら

介護福祉士資格取得の流れ

以下の該当する方は、資格取得があります。

※平成28年度から介護福祉国家試験を受験するには、「3年以上の実務経験」「実務者研修の修了」が義務づけられます。

  • 高等学校又は中等教育学校卒業の者であって、厚生労働大臣指定の養成施設(2~4年)を卒業した者
  • 高等学校又は中等教育学校において、福祉に関する所定の教科目及び単位数を修めて卒業した者で介護福祉士国家試験に合格した者
  • 3年以上介護等の業務に従事した者で介護福祉士国家試験に合格した者

介護福祉士資格取得の流れ

受験資格

以下に該当する方は受験資格があります。

  • 特別養護老人ホームや介護老人保健施設の介護職員など、主たる業務が介護等の業務である方、介護保険の指定訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)などで、介護等の業務に従事(在職期間が3年以上、実働日数が540日以上)した方(平成28年1月23日までに3年以上の受験資格を満たす方を含みます)
  • 高等学校又は中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した方(平成28年3月31日までに卒業見込みの方を含みます)
  • 特例高等学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した後、介護等の業務に従事(在職期間:9ヶ月以上、実働日数135日以上)した方

試験内容

筆記試験

【領域】人間と社会

  • 1.人間の尊厳と自立
  • 2.人間関係とコミュニケーション
  • 3.社会の理解

【領域】介護

  • 1.介護の基本
  • 2.コミュニケーション技術
  • 3.生活支援技術
  • 4.介護過程

【領域】こころとからだのしくみ

  • 1.発達と老化の理解
  • 2.認知症の理解
  • 3.障害の理解
  • 4.こころとからだのしくみ

【総合問題】

  • 1.総合問題
    ※3領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

実技試験

介護等に関する専門的技能

筆記試験及び実技試験について、詳しくは公益財団法人 社会福祉振興・試験センターをご参考ください。

合格基準

筆記試験の合格基準

次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。

  • 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の者。(配点は1問1点の120点満点)
  • (1)を満たした者のうち、以下の「10科目群」すべてにおいて得点があった者。

[1] 人間の尊厳と自立、介護の基本
[2] 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
[3] 社会の理解
[4] 生活支援技術
[5] 介護過程
[6] 発達と老化の理解
[7] 認知症の理解
[8] 障害の理解
[9] こころとからだのしくみ
[10] 総合問題

実技試験の合格基準

筆記試験の合格者のうち、次の条件を満たした者を実技試験の合格者とする。

1.課題の総得点の60%程度を基準として、課題の難易度で補正した点数以上の者。

介護技術講習について

介護技術講習を受講することで、実技試験の免除を申請できます。

介護技術講習の実施者

厚生労働大臣に介護技術講習の実施を届け出た介護福祉士養成施設等が行います。
*受講の申し込みは実施者である介護福祉士養成施設等に直接申し込みます。
また、介護技術講習の開催時期や受講料などは、それぞれの養成施設ごとに決められています。
受講を希望する介護福祉士養成施設等に直接お問い合わせください。

受験案内

受験申込み必要書類は下記まで「郵便はがき」又は「センターホームページ」
によりあらかじめ取り寄せ、お申込みください。

  • 財団法人 社会福祉振興・試験センター
  • 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目5番6号
  • 電話番号 03(3486)7521(9時~17時)
  • 試験案内専用電話番号 03(3486)7559(音声及びFAX・24時間対応)
  • ホームページ:http://www.sssc.or.jp